● ジャージの二人



2008年に公開された映画「ジャージの二人」のDVDが発売されたので感想を記しておこうと思う。




ジャージの二人


主演は


ジャージの二人

「鮎川誠」と


ジャージの二人

「堺雅人」


何の映画を見に行った時か覚えていないが、劇場予告でこの映画の存在を知る。


しかしながら、ちょうどこの映画の上映時期は 私は日本国内の各地に旅して遊び回っていた時だったので、結局、劇場で見る事が出来なかったから 余計にDVD化を待っていた一本。


ジャージの二人


主役二人が演じる親子関係が奇妙と言えば奇妙なんだけど、そこにケチをつける気に私はなれない。


それは「鮎川誠」が演じる父親と「堺雅人」が演じる息子 それぞれに何とも言えない味があるから。


ジャージの二人

それにロケ地となった嬬恋の景色が これまた良い。


ストーリーには もしかしたら何らかのメッセージが込められているのかもしれないが、私はそれについては何も感じないし詮索しようとも思っていない。


と言うよりも、私はむしろメッセージがどうこうより この映画が醸し出している雰囲気により、見た後リラックスした気分になりつつも 同時に、内面から何かをしなくては…みたいなエネルギーがこみ上げたような気がした。


『堺 雅人』関連の記事

備考

【注意!!】 このサイトは『ブタネコのトラウマ Blog版』の記事を整理する目的で転用している為
       コメント欄を設けていません。 コメントを投稿したい方は『ブタネコのトラウマ Blog版』
       同じ記事がありますのでお手数ですがそちらにお願いします。